ごあいさつ

n22

はじめまして。
株式会社ユニティの木村成美と申します。
HPにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

今ここにご来訪下さったことに心より感謝をこめて
少しお話させて頂きたいと思います。

もう30年以上前のことになりますが
私が中学生だった頃、あるとき心の中に
『君は 何を 望むか』というメッセージが
聴こえてきたことがありました。
それは心の中に直接響いてきた意識、
としか言いようのない感覚だったのですが
この言葉をそのまま文化祭の横断幕に
大きく書いた記憶が残っています。

その頃、このメッセージの意味するところは
私自身ほとんど分かりませんでしたが
ただ「今は分からなくても、後に、この言葉は
とても大切な意味を持つことになる」という
気がしたことを覚えています。

時は過ぎ、かつての自分には想像できないような
沢山の貴重な体験と素晴らしいご縁の方々との
出逢いと学びをいただきました。

そして、歩んでいく道の途上で
ひとつ又ひとつ、魂を揺さぶるような
気づきと目覚めの瞬間に遭遇するたび
「わたしは、この世界で、何を望むのか」
が明確になっていったように思います。

昨今の大きな世界的な変容の揺れも
深いところでは、長い分離の時代のトンネルを経て
明るい光が射しこめる未来に向かって、もうすでに
統合の時代が訪れていることを意味している徴
のように思います。

今は、大転換の時機(チャンス)。
たとえ世界が混乱と葛藤のさなかにあっても
心と身体と魂の精妙なメッセージに耳を傾けながら
わたしたちの心からの望みを選択していくことで
きっと皆の手で素晴らしい未来を創っていく
ことができると、確信しています。

わたしも又、素晴らしいご縁の同胞の方々との
かけがえのない出逢いとふれあいの中で
【人々が魂の本質を表現しながら
心から幸せに働ける場=地上の天国を創りたい】
という望みを持つことができました。

心と身体と魂の統合と調和への道を
21世紀の地球の素晴らしい未来づくりを
魂の同胞の皆様とご一緒できましたら
この上もなく幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

全ての同胞の皆様へ
愛と感謝をこめて

株式会社ユニティ
代表取締役 木村 成美